30kmロング走をナイキの2種類の厚底シューズで走ってみた!〜ヴェイパーフライ 4% FKとペガサスターボ の比較〜

[ランニング][マラソン][サブ4][30km走][ヴェイパーフライ 4% FK][ペガサスターボ]

 

 

皆さんは普段30kmロング走の練習をしていると思います。

 

僕も色々なシューズで走っていますが今回はナイキの厚底シューズで走ってみました。

 

一つは、ご存知ヴェイパーフライ 4% FKです。もう一つは、ヴェイパーフライを履くためにトレーニングシューズと位置づけられたペガサスターボです。

 

まずは、ペガサスターボです。

 

普段メインシューズにしているのは、ズームフライ FKとこのペガサスターボです。どちらも甲乙つけ難く、いつもどちらで走るか迷っているのが本音です。

 

  

 

ペガサスターボの印象は、非常にゆったりしていて脚がとても楽です。ソールもヴェイパーフライと同じズームXフォームが使われています。この素材の軽さと柔らかさはとても気持ち良いです。

 

 

 

ヴェイパーフライやズームフライと違って、カーボンプレートが入っていないのが大きな違いですが、不思議とちゃんとしたフォームで走っていると意外と思ったよりスピードがあがっているので不思議なシューズです。

 

シューズの重さはペガサスターボで223gです。走って減っているので、新品はもう何グラムか重いかも知れません。ズームフライより30g軽いです。一応、ヴェイパーフライは193gです。僕のシューズのサイズは全部27cmです。

 

  

 

ナイキの厚底シューズは、アシックスやアディダスと違いソールの裏には地面をひっかくようなチップがついていません。つまり、地面をひっかいたり、必要以上に蹴ったりする走り方の人にはあいません。

 

着地の脚は地面に置くようにして、股関節から上の上半身を上手く前に運ぶようなフォームでないとかえって、疲れるシューズになってしまいます。このような走り方だと無理がかからないのでどこも痛くなることがありません。僕も、2年半以上全く痛みというのは皆無です。

 

一番大事なのは、本当の自分のスピード域を知るということだと思います。ほとんどの人は、ちゃんとしたフォームから逸脱してしまうようなスピードで走っているので怪我や痛みが多いのです。

 

僕は、ちゃんとしたフォームでリラックスして走るのが第一でその事だけを考えてスピードやペースは二の次です。そうやって走っているとフォームが良くなるに連れ勝手にビルドアップをしたかのごとく自然にスピードは上がってきます。

 

力を入れて走るのは簡単ですが、力を抜いて走るのはとても難しいのです。でも、そのおかげで自然とスピード域や疲れ方が変わって良い方向に進んでいます。

 

簡単に言うと、去年と同じようなタイムで走っていますが、去年とは違って走っている時の楽さがまったく違っています。兎に角、僕はそこそこのスピードで楽に走れるようになりたいのです!

 

話を戻しますが、ペガサスターボはズームXフォームの反発が良いのだと思います。このシューズはあうのなら、本当におすすめです!^^

 

さて、そんなペガサスターボで30kmロング走をしてみました。

 

コースは多摩川の六郷あたりから、ガス橋を川崎側に渡り登戸を折り返してくるコースです。土手だからフラットだと思うでしょうが、細かい急な上り下りがちょこちょこあり、土手の下側になったり、上側になったりと意外と変化があり、風は土手なので流速があがり吹きさらしで結構大変です。(^^;;

 

その日に投稿した写真と1kmごとのデータです。

 

 

 

  

 

兎に角、スピードを抑えながら走りました。身体が温まると直ぐに調子に乗ってスピードがあがっちゃうので、キロ5分40秒を越えないくらいで「楽に楽に」と言い聞かせながら走りました。

 

途中5分56秒のところだけ、工事をしていて仮設の上り通路だけ狭くて迷惑がかかるので30秒くらい歩きました。

 

概ねリラックスして、余力を残して良いペースで30kmを走ることができました。

 

そして、ゲットしたヴェイパーフライでも初のランで30kmロング走に挑戦してきました。

 

いきなりニューシューズで30kmロング走はどうかと思いましたが、脚を通した時から普通に行けると思っていたので走ってみました。

 

いつもスタートして最初の1kmで調子などを判断するんですが、感覚的にキロ5分15秒くらいかと思ったら、いきなりキロ5分でビックリ!

 

他のシューズより、同じ感覚で10秒から15秒は速く走れてしまいます。(^^;;

 

その日に投稿した写真と1kmごとのデータです。

 

  

 

  

 

シューズの軽さか脚も軽くてキロ5分20秒弱のペースでなんなく30kmロング走を走りきれてしまいました。もちろん、まだ余裕が全然ありでした。

 

サブ4をする最低限の30km通過タイムは2時間47分がギリギリだと思っているので、それより8分近く速かったのは上々でした。

ヴェイパーフライのインプレッションですが、素晴らしいの一言です。本当に速い人が履けばもっと恩恵があるのかも知れませんが、僕のレベルでもはっきり言ってちょー楽です。

 

履いた時に一番感じるズームフライとの違いは、柔らかいです。ふわふわしていてトランポリンに優しく乗っているような感じです。この辺が好みが分かれるところかも知れません。

 

脚を置いた後の、適度な反発で脚を前方へと勝手に運んでくれます。これは、ズームフライやペガサスターボでは感じられませんでした。意識しなくても上手い角度で前に飛んでくれます。ズームXフォーム、カーボンプレートの合わせ技がバランスの良さを生んでいるのかも知れません。

 

 

最後に、もしヴェイパーフライを履くならペガサスターボで練習したほうが良い感じです。メーカーもそう言っていますが。w

 

ペガサスターボでちゃんと走れれば、ヴェイパーフライを履くことによって確実にもっと速く走れます。但し、前にも書きましたが力まかせ、いわゆる筋肉走りで走る人には向いていません。速く走れる分、恐らく怪我や痛みなどが増すだけだと思われます。

 

スピードやタイムよりも、先ずは、痛みや怪我のないちゃんとしたフォームを身につけるべきだと思います。本当に走ることが楽しいと思えるように!(^^)