ヴェイパーフライ ネクスト% のレビューを兼ねて、このシューズはなぜ速いのかを考えてみた!

[ランニング][マラソン][サブ4][ヴェイパーフライ NEXT%][ズームフライ SP]

 

2020013001_002.jpg

 

たくさんのマラソンレースや箱根駅伝で記録を更新しているヴェイパーフライネクスト%、鮮やかなピンク色のシューズで有名になった。

 

今回は、このシューズを初フルマラソンや普段のランで履いた感想を含めてレビューしてみる。

 

ヴェイパーフライネクスト%の写真はたくさん撮ったので後半のギャラリーをご覧ください。

 

 

2020013001_008.jpg

 

このシューズの特徴は、きちっと正しく真下で体重を乗せると良い角度で前方に飛んでくれる事。同じカーボンが入ったズームフライとの大きな違いです。ズームフライも含めて、他のシューズは自分で前に飛ばないと推進力が弱くなるので大変です。

 

ヴェイパーフライネクスト%は、ミッドソールのズームXとカーボンプレートのバランスが良く考えられていると思います。サブ4レベルくらいの僕でも、ちゃんとした動きをするだけで、無駄な力を入れずに前に飛んでくれます。

 

このシューズで、初のフルマラソンを走った結果、後半のが速いネガティブスプリットでラスト2.195kmは11分8秒と最速でゴール出来ました!

 

初マラソン第14回 湘南国際マラソンを走ってきた!トイレ6回も行ったタイムは果たして?(^^;; 【前編】

 

初マラソン第14回 湘南国際マラソンを走ってきた!トイレ6回も行ったタイムは果たして?(^^;; 【後編】

 

良い感じで走れている時は、「パコパコ」と箱なりのような独特の音がして、硬くもなく柔くもない良い感じの接地感覚です。ただ、速く走るのに固執してしまうとこのシューズはいきなり牙をむきます。w

 

先程書いたように、良い角度で勝手に前に飛ばされるので、自分の実力以上に速くなってしまいます。「走らされてる感じがする」とよく言うのはこの為です。

 

2020013002_001.jpg

 

僕は、ヴェイパーフライネクスト%は2通りの使い方があると思っています。一つは速く走る為、そしてもう一つは、楽に走る為です。

 

僕の目指しているのは、そこそこのスピード(サブ4レベル)で良いのでフルマラソンを最後まで余裕を持って走りたいということです。つまり楽に走るためにヴェイパーフライネクスト%を選んでいます。

 

元々このシューズは、ケニア人などアフリカの人達の脚を守るために作られた経緯があります。向こうの人達は、道路があまり舗装されていないので土の上を走るのが普通です。しかし、マラソンのレースは当然舗装路を走ります。慣れていない舗装路を走るので脚のダメージが大きいのです。

 

そんなニーズから脚に優しい厚底が生まれました。ただ、走っても遅かったら意味ないのでナイキは試行錯誤してヴェイパーフライを生み出したというのがいきさつです。速さばっかり言われていますが、走るランナーが履きこなせる力が無ければ諸刃の剣なのが本当のところだと思います。

 

最近の記録ラッシュは、このシューズを履くことによって、今まで努力して練習してきた本当の実力が出ただけだと思っています。

 

なぜなら、薄底だと後半脚が痛くなるのを我慢して走り続けていたのを厚底が脚を守ってくれるから後半も実力を出し続けられるからです。もちろん、練習でそれだけの脚力をつけていなければ後半失速します。特に筋肉走りでは無理だと思います。正しい動きで走らないと効果は続きません。

 

もう一つ重要なのがシューズの軽さです。ヴェイパーフライネクスト%を持ってみたらわかるのですが、驚くほど軽いです。僕は全て27cmですが、なんと186gしかありません。僕のシューズの選ぶ理由の一つは軽さです。

 

ヴェイパーフライ 4% フライニットを偶然入手!〜ヴェイパーフライ 4% フライニットとズームフライ フライニットの重量の比較〜

 

2020013001_006.jpg

 

最近出たズームフライ3は残念ながら、前のモデルよりさらに重くなっています。流石に選択から外しています。履いてはみましたが、重心が少し真ん中よりになって、かかと側の着地でも走れるような万人受けする様に変わったように感じました。

 

ズームフライの中で一番気に入っているのはズームフライSPです。今でもメインの一つとして履いています。重さは210gと普通のズームフライより50gくらい軽いです。

 

20200130_004.jpg 20200130_003.jpg 

 

20200130_002.jpg 20200130_005.jpg

 

 

しかも、アッパーはヴェイパーフライネクスト%みたいなTPUのアッパーで脚に馴染みます。奥さんは、このシューズがお気に入りで、この間の初フルマラソンでもこのシューズで4時間23分を叩き出しました。(^^;;

 

SPは初代ズームフライとソール側が同じなのでカーボンプレートではなくナイロンプレートですが、僕レベルだとカーボンじゃなくても問題ありません。w

 

前回のモデルのフライニットは、いまいちホールド感に欠けましたが、ヴェイパーフライネクスト%の透き通ったアッパーはホールドも良くとても走り易いです。

 

よく「良いフォームで走りましょう」と言われますが、人それぞれ骨格が違うのでひとくくりにするのは難しいです。僕流で言ってるのは、「ちゃんとした動き!」です。フォームよりもちゃんとした動きをずっと続けられる練習をするべきだと思います。

 

ちゃんとした動きを続けていたおかげで、1年前くらいまで着地はリアフットからミッドフットって感じだったのが、最近撮ったビデオでは、ほぼフォアフットに変わっていました。無理にフォアフットにしたわけではないのですが、自然に楽な走り方を続けていたらそんな感じになっていました。

 

もう3年以上いくら走っても(月間300kmくらいで最高450km走ったことも)痛みや怪我は皆無です。自分の実力以上に無理しないで走ると言う所が大事です。距離は走り過ぎなので減らそうと思っているのですが、走るのが楽しいのでつい長くなってしまいます。今年は減らすぞー!(^^;;

 

そういえば、色々走りを研究していると女子にヴェイパーフライネクスト%が少ないのも理由があったりするけど、また気が向いたら書こうかな。(^^;;

 

最後にヴェイパーフライネクスト%の写真ギャラリーをどうぞ!

 

一応、開封の儀をしました。w

 

2020013001_005.jpg

 

2020013002_014.jpg 2020013002_010.jpg

 

箱は他とは違うブラックでした。中には、シューズを入れるシューズバッグが入っています。

 

2020013001_003.jpg

 

2020013001_009.jpg

 

2020013001_007.jpg

 

2020013001_004.jpg

 

2020013002_011.jpg 2020013002_012.jpg

 

2020013002_016.jpg 2020013002_015.jpg

 

細かい所もよく作られています。かかとの部分もこのでっぱりがある事によって、しっかりとホールドしてくれます。

 

2020013002_009.jpg 2020013002_004.jpg

 

ミッドソールは厚いですね。僕は走っていると厚底って感じは一切しないです。感じるほど速く走れないので。(^^;;

 

2020013002_007.jpg 2020013002_008.jpg

 

2020013002_003.jpg 2020013002_002.jpg

 

ソールの裏側は、これに変わった事によって、安定感が良くなっています。

 

2020013002_005.jpg 2020013002_006.jpg

 

ヴェイパーフライネクスト%は、とても気に入っています。サブ4レベルでも、履きこなせれば楽に走れるシューズです。走っていて、とても楽しくさせてくれるシューズです。(^^)