初マラソン第14回 湘南国際マラソンを走ってきた!トイレ6回も行ったタイムは果たして?(^^;; 【後編】

[ランニング][マラソン][サブ4][湘南国際マラソン][ヴェイパーフライ ネクスト%]

 

20191217_050.png

 

前回の【前編】に続いて【後編】です。いよいよ、殆どの人が失速をはじめる30kmを越えていきます。果たして?

 

●湘南大橋30km地点

 

湘南大橋へ戻ってきました。軽い登り坂で軽快に抜いていきます。ここで、あまりにも良い景色なのでビデオや写真を撮ってみました。

 

20191217_051.png

 

30kmなのに、全然余裕です。w 元々、僕も奥さんも(奥さんは僕が教えています)30kmの壁を一度も感じたことはありません。(^^)

 

20191217_052.png

 

この辺からは歩いている人や、横で止まってストレッチをしてる人が多くなってきました。さらに軽快にどんどん抜いていきます!

 

途中で5回目のトイレ。トイレ行った時はスピードアップしているので、この時のロスほぼ無しで行けてたみたいです。(^^;;

 

 

●反対側がスタート地点の36km地点

 

エイドは途中から、バナナ中心に頂きました。エイドのところだけは歩いて落ち着いて食べて再スタートという感じで混んでいるので焦らないようにはしました。

 

20191217_053.png

 

そして、西湘バイパス入口の上り坂に入って反対側に見えるスタート地点に帰ってきました。36kmくらいです。ここからが湘南国際マラソンの本番らしいです。

 

僕は最終尿意で6回目のトイレです。途中にキャンピングカーみたいなトイレがあったので用を足しました。スッキリ。後はゴールまで行くのみ!

 

この辺になると、皆んな疲れ切っている感じで歩いてる人が多い。急に止まったり、真ん中を歩くのは道が狭いので勘弁してほしかった。僕は、歩きぐせがつくのがイヤなので、普段も奥さんと走る時以外は、ほとんどノンストップで走っています。これが当たり前に我慢出来ないと30kmの壁には負けると思います。(^^;;

 

●折り返し40km地点

 

フルマラソンは32km以降の10.195kmをどう走れるかがマラソンなので、気を引き締めて走る。ここを失速したらマラソンの楽しさは半減してしまう!

 

二宮インターの折り返しアドバルーン目掛けてひたすら他の人を追い抜いていく。めちゃ気持ち良い!(^^)

 

40km手前のエイドで最後の給水、ここだけスポドリを飲んだ。そしてこの後またもや唖然とした事が!

 

●ラスト2.195km

 

41km付近を軽快に飛ばしていたら、なんと反対側にまたもや奥さんが満面の笑みで手を振っているではないか!www

 

おいおい!完全にサブ4.5楽勝じゃないか。しかも、見たところ体幹が崩れてる様子が全くなく元気だった。(^^;;

 

こっちはさらにスイッチが入り、スピード落としちゃいかんとさらにスピードアップ!w

 

そして、最後の400mの区間データーがたまたまStravaアプリで切り出されていたので見たら、ラスト400mを1分56秒でキロ4分36秒!

 

20191217_054.png

 

最後のカーブを上り切った後の区間はキロ3分59秒で。

 

20191217_055.png 20191217_056.png

 

フィニッシュ寸前は、なんとキロ2分台を記録していてびっくりした!

 

最後の2.195kmは11分8秒とキロ5分3秒でした。最後は10分台で行こうと思っていたので、もう少しだけ早めにスピードアップすれば良かった。

 

最後の2.195kmが最速、ナイスなフルマラソンで後味最高でした!

 

●フィニッシュ

 

流石にゴールする時は両手を上げてしまった。w

 

湘南国際マラソンは去年からネットタイムが公式なので、全体からスタートライン前の10分55秒を引いた4時間16分52秒と、トイレ6回だった割には納得のタイムでした。

 

20191217_057.png

 

大体だけど、前半のハーフで2時間12分、後半のハーフは2時間5分で一応後半のが速いネガティブスプリット!

 

20191217_061.png

 

流石にフルマラソンは長い!

 

20191217_059.png 20191217_060.png

 

今まで休憩しながらのなんちゃってフルマラソンは3回走っているけど、流石に不安ではあった。30kmオーバーのノンストップランは何度かしてたけど。

 

坂は特に感じなかった。いつも多摩川の土手を走っている僕と奥さんにとっては、ただのフラットなコースにしか感じられなかったのは良かった、土手に比べればとても走りやすかった。バンク以外はね。w

 

ゴールしてみれば、楽しい思い出しかない。トイレはただの笑い話。w

 

●ゴール後

 

とにかく、走りと闘うんじゃなくて、ひたすら自分の膀胱と闘った42.195kmでした。w

 

自分で褒めてやりたいのは、最初から最後まで他の人を抜きっぱなしの一人旅ランだった事。特に37km以降は2〜3人しか抜かれていないという。

 

いつもの自分のペースより全然遅い所で走っていたので当たり前かも知れないけど気持ちよかった!

 

●後記

 

20191217_058.png

 

今回の湘南国際マラソンの出走者数と完走率です。女子は少なく、女子用のトイレはいつも直ぐに入れるのでオススメです!チクショー。w

 

終わってみれば、イーブンペースからややネガティブスプリットで後半が速く、納得いくフルマラソンでした!

 

普通の人はここで「サブ4いかなかった」とかめげるんでしょうけど、僕はそれほどタイムには固執していないし、むしろ、自分の中ではサブ4以上の走力があるのがわかったので満足です。(^^)

 

奥さんも30km過ぎに一度だけトイレ言ったみたいだけど、結局イーブンペースで4時間23分36秒で楽勝のサブ4.5達成でした。月に50km以下くらいしか走ってないのにマジに恐ろしい。(^^;;

 

20191217_062.png

 

一応、僕のが速かったのでw 奥さんのゴールはビデオに収める事が出来ました。ゴールした時に軽くガッツポーズしてました。w

 

20191217_063.png

 

走ってみてよかっと思います。自分で思っていた以上に走れるのが確認できたのは良かったです。

 

これで世間に出回ってるサブ4レベルのランニング理論がおかしいと思っていたのを、僕が自分と奥さんを利用して研究してきた理論の方が正しいのを自分の中で証明出来たと納得。(^^)

 

どういう動きをしたら無理なく前に進むのかをちゃんと説明できてるサイトやメディアが1つも無かった。

 

多分、キロ6分以上じゃないと走れない人は自分では色々やったり一生懸命走ってるのに「他の人は何であんなに速く走れるんだろう?」と思っているはず、僕も3年前はそういう状態だった。5kmを30分で走るのさえちょー大変だった(^^;;

 

あるのは、有名な人や速く走れる人などが誰かが言った事を言葉を変えたり焼き直しで説明してるだけで、その通りやっても全然ダメだったので自分の理論で研究してた。

 

基本は変わらないんだろうけど、僕らみたいに遅いランナーにあってるランニング理論が全くないのが真実。

 

30kmの壁に引っ掛かるのもそのせいだと思う。さっきも書いたけどフルマラソンは32km以降の10.195kmを上手く走れるかが一番大事だし、そこがちゃんと走れるかが大事で、上手く走れるとめちゃ楽しい!(^^)

 

最後にヴェイパーフライネクスト%はサブ4レベルでも、ちゃんと履きこなせば楽で良いシューズでした。決して速く走れる人だけの物ではありませんでした!

 

20191217_065.png

 

初めてのフルマラソンのメダルも嬉しかったです。(^^)

 

20191217_064.png

 

走り終わった大磯ロングビーチの向こうには天気も最高で富士山も見えて気持ち良く、夫婦で初フルマラソンを走れました。

 

また、チャレンジしてみてもいいかな?今度走る時は膀胱と闘いたくないです。www